このエントリーをはてなブックマークに追加  

痩身エステのしつこい勧誘の断り方

 

エステには行ってみたいけど・・・と思ったときに気になるのが勧誘ですよね。

 

向こうもお仕事なので体験だけで終わってもらうよりはより多くの回数通ってキレイになってもらいたいと思うものです。
勧誘がしつこくて何時間も帰れなかった、無駄な契約を結んでしまった・・・など苦い思いをされた方もいると思います。

 

そこでしつこい勧誘をスマートに断る断り方を検証してみました。

 

 

本当に勧誘はしつこいの??

 

最近は昔のように強引な勧誘をしてくるエステサロンは少ないと言われています。
個人の感じ方もありますから「この程度で済んだ」という方も「あ〜しつこかったな」という方もいと思います。

 

今はしつこい勧誘をすると法律に引っかかる可能性もあることからしつこい勧誘を自粛しているサロンも多いようです。

 

 

 

一番いい断り方は他も検討します

 

「他のサロンにも体験を申し込んでいるので比較します」というのが1番ベターな断り方です。

 

良ければ通う気はあるけどいいところを探しているという雰囲気を出すと向こうもしつこくしない方がいいのかなと思ってくれますし、サロンの施術に自信があるのならしつこい勧誘はしてこないと思います。

 

 

お金がないはNG!?

 

お金がないと言えば、ローンはどうか?と勧められると思います。

 

月1万円ぐらいなら専業主婦の方でもなんとかなる金額だし、ご主人もキレイになったらうれしいんじゃないですか?などとうまいトークをしてくると思います。
なのでお金がないというのはあまり有効な断り文句ではないんですよね。

 

 

ローンは組まない!!

 

あとはローンは絶対組まないということをアピールするのもいい方法です。
金利もかかりますし、ローンはもったいないです。ローンは組みませんとしっかりと意志表示しましょう。

 

 

カウンセリング時に自分のことをあまりしゃべらない

 

カウンセリング時にベラベラと世間話で自分のことを話すのもNGです。

「同居」「旦那が大手企業」「パートで就業中」「独身」などちょっとしたワードから自由になるお金があるのではと詮索されてしまうこともあります。
なかなかエステにリラックスしに行って、世間話も気を遣うというのは難しいですがあまりペラペラとしゃべらない方がいいかもしれません。

 

 

あまりにしつこかったなら、「体験だけが目的だったので通いません」と強く言えればいいんですけどね・・・

 

 

 


 

 

あなたにあった痩身エステサロンが見つかる!

あなたにあった痩身エステサロンが見つかります!

是非チェックしてみて下さい!

↓↓↓↓↓